抗うつ剤でうつ症状を抑える|日常生活に支障を来さない方法を知ろう

男性

効能・効果が様々

カウンセリング

5種類あります

抗うつ剤には現在5つの種類があります。一つは三環系抗うつ剤で、一番初めにうつの治療薬として使われた薬となっています。全ての中では単価は安い薬となっていますが、副作用は強いとされています。その改善薬として開発されたのが四環系抗うつ剤となっています。とはいうのものの、前者より多少副作用が軽減される程度です。うつ病の人が不足していると言われているセロトニンという成分に働きかけるタイプの薬がSSRI、SNRIとなっています。これらの薬は古い型の薬より副作用が弱い上、効果も期待できるため、治療の第一選択薬となっています。ただ、それだけに単価は高くなります。SNRIの方が若干SSRIより副作用が弱めとなっています。そして、セロトニンに働きかける薬として新たに開発された薬がNaSSAとなっています。これが抗うつ剤における最新型の薬となっています。SSRIやSNRIより症状に効果的な薬とされていますが、その分副作用も強めでNaSSAが体質に合わない患者もいる程となっています。

勝手な中断はNGです

抗うつ剤は体質に合う合わないがどうしても出やすい薬となっています。そのため、副作用が強く、生活に影響が出るからといって患者の判断で薬を中止してはいけません。抗うつ剤には前記で述べたとおり、様々な種類があります。また、例えばSSRIでもその中から何種類もの薬が存在しています。したがって、薬を変えただけで副作用が軽減されることもあります。そのため、治療薬として処方された薬が体質的に合わないと感じたのであれば、もう一度診察を受けに行き、その旨を主治医に報告する必要があります。また、それでもいまいち効果がなかったり、信頼に欠けるのであればセカンドオピニオンとして、別の医療機関にかかるとよいでしょう。しかし、患者の体質に合う抗うつ剤の処方はとても難しいことであるのが現状です。というのも、うつの診断は科学的な診断基準によって下される訳ではありません。患者の問診や主訴をもとに診断を行うため、どうしても正確な診断と正確な治療薬の処方は難しいのは確かです。患者自身もそれを念頭に入れておく必要はあります。

うつ病などで用いられる

メディカル

抗うつ剤は、主にうつ病の治療に使用される医薬品です。この薬を使用する際は、一部の薬剤に離脱症状などの副作用があるため注意が必要です。体に重篤な影響が出る場合もあるため、十分に気を付けないといけません。

詳細を確認する

薬は病気を治すサポート

悩む男性

抗うつ剤と似たような薬で精神安定剤があります。この二つの薬は全く別物です。両方の相乗効果を期待して両方が同時に処方されることがあるだけです。怖いのが薬への依存症です。あくまでも薬は治癒するためのサポートととらえる必要があります。

詳細を確認する

医師の指示に従うこと

医療

抗うつ剤には、種類が様々あり、特徴も種類によって異なります。最もメジャーな抗うつ剤はSSRI系で、効果が強く、副作用が弱いという点が利点です。いずれの薬を処方されても、薬は医師の支持に従って服用することが肝心です。治ったと思い込んで止めた途端、再発したというケースが多くある点は知っておきましょう。

詳細を確認する

様々な薬の利用

ドクター

抗うつ剤をジェネリック薬品として処方してもらうと費用を安くあげることができます。また、最近では海外の通販サイトにて抗うつ剤が購入できることが注目されていますが、診察を受けなくてよい反面、素人判断で薬を選択するなど、上手に利用するには利用の仕方を間違えないようにする必要はあります。

詳細を確認する

体本来の回復力を鍛える

悩む女性

抗うつ剤はうつ病の症状を和らげたりするのに効果がありますが、副作用も当然あります。副作用だけでなく効果の強い薬の場合には、薬の離脱症状にも注意しなければなりません。そのためには体本来が持っている回復力を鍛えることです。

詳細を確認する