抗うつ剤でうつ症状を抑える|日常生活に支障を来さない方法を知ろう

男性

医師の指示に従うこと

医療

どんな種類があるのか

抗うつ剤は、開発が進み、種類が増えてきました。副作用の面でも従来の薬よる少ないとされるものも出てきました。では、どのような種類の抗うつ剤があるのか見ていきましょう。まずは、最も歴史のある抗うつ剤は三環系です。三環系抗うつ剤の特徴は、効果が強い反面、副作用効果も強い点です。モノアミンと呼ばれる気分に影響する複数の神経伝達物質の吸収・分解させない効果があります(結果的にモノアミンが減らないということです)。副作用として、口渇、便秘、まれに不整脈などが見られます。次には四環系と呼ばれるものです。この薬の特徴は効果は弱めで、眠りを深くする効果があると言われています。不眠タイプのうつ病に処方されます。次には、SSRI、SNRIと呼ばれるものです。これは三環系を進化させたもので、モノアミンの中でもセロトニンと呼ばれる物質だけ選択的に吸収・分解させない効果があります(セロトニンだけ減らないということです)。要は、効果のある物質だけ選択するため、三環系に比べて副作用が大きく減ったという風にお考え下さい。最後にNaSSAです。これは四環系の進化薬で、セロトニンとノルアドレナリンを単純に増やす薬です。効果・副作用もやや強めとお考え下さい。

症状に合わせて医師が処方

どの薬が処方されるのかは、医師の判断によるものです。三環系は効果が強いため、安易に使用はされませんが、他の薬が効かない場合には処方されることもあります。薬価が安い点も利点の一つです。一方で、うつ病の最初の段階で使われる薬は、SSRI、SNRI、NaSSAのいずれかとお考え下さい。SSRIは使い慣れている医師が多く、データも豊富なため、最もスタンダードな抗うつ剤となっています。不眠などの症状が出る場合には、NaSSAが処方される例が多くなります。意欲低下型のうつ病の場合には、SNRIが処方されることとなるでしょう。これには意欲を高めるセロトニンだけでなく、ノルアドレナリンも減らさない効果があるからです。これらの効果をもとに医師が決定します。抗うつ剤の利用は、医師の判断に従うことが最優先となります。薬によっては効果が、使用をはじめてから1〜2週間しないと出ないものもあります。もし副作用ばかりで効果が出ないという場合でも、使用を止めないことが大変重要となります。また、うつ病が治ったと思っても完治しているわけではありません。薬をやめることで再発の可能性も出てくるため、一定期間の服用が必要となるのです。医師の指示に従って、服用を継続することが大変需要となります。