抗うつ剤でうつ症状を抑える|日常生活に支障を来さない方法を知ろう

男性

体本来の回復力を鍛える

悩む女性

効果の半面が副作用

抗うつ剤はうつ病の症状を和らげるとともに精神を安定状態に持っていうための薬です。何に対してでも不安になってしまううつ病の改善には抗うつ剤を使用するのが一番効果はあるのです。しかし抗うつ剤にばかり頼っていると副作用が出ます。そのため抗うつ剤には精神を安定させ体の動きを抑える作用が含まれていうのです。うつ病の一番の療養方法は休暇と療養です。その二つを行わずして完治させることはできません。そのため、体を休ませる作用を含ませることで相乗効果を出しているのです。このことを理解して抗うつ剤を利用すると体も意図的に休ませていますので治りも早くなります。早く治すことを目的とするのであれば、抗うつ剤という薬だけに頼るのではなく、自分で病気と闘いなおすという意識と工夫が重要になります。しかしうつ状態では自分の感情をコントロールできない場合も多数ありますので、医師に所法に従って抗うつ剤を利用していきます。抗うつ剤で怖いのは副作用ではありません。薬の離脱症状なのです。

離脱症状に注意

薬の副作用は倦怠感や眠気、めまい、ふらつき、ふるえ、血圧低下などです。こういった症状は抗うつ剤でも見られます。薬を服用したのちに現れる症状として一般的ですが、薬の離脱症状も忘れてはいけないのです。強い効果のある薬ほど副作用は大きくなりますが、薬の離脱症状も同様です。薬の離脱症状とは薬が定期的に体に取り入れられることが当然となったとき、いざ薬をやめた際に出る症状のことです。症状はまちまちですが副作用と同じような症状が出ます。これは体がその薬に含まれる成分をほしがっている状態でありますが、ここで継続的に与えてしまうと完治できません。そのため、少しずつ薬を減らしていくことになります。離脱症状を低減させるためには自力でカバーできるだけの体力や治癒力、免疫力や調整力が必要になってきます。長いこと入院しているとこれらは低下し薬に頼らなければならない体になっていますが、トレーニングなどを行うことで本来持っている体の回復力を付けてあげることが一番大事なのです。