抗うつ剤でうつ症状を抑える|日常生活に支障を来さない方法を知ろう

男性

様々な薬の利用

ドクター

削減する方法

うつの治療は長期的なものとなるため、費用がかかってしまうのも事実です。主に薬によって治療を行いますが、治療薬は抗うつ剤、抗不安剤、睡眠薬など複数の種類の薬を使うのが一般的となっています。そのため、薬の費用が積み重なってしまいます。また、同じ抗うつ剤でもどの薬を使うかによって費用は変わってきます。最新のタイプの薬ほど高価な傾向にあります。逆に三環系抗うつ剤といった古いタイプの薬は単価が安いです。しかし、古いタイプの薬は安い反面副作用が強いため、体質に合わない人が多いのが現状となっています。費用面を気にするのであれば、古いタイプの薬を選択するより、ジェネリック薬品を利用する方がよいことが言えます。というのも、ジェネリック薬品の場合、成分が変わらないものを費用3割引きで処方してもらうことが出来ます。もしジェネリック薬品で不安なことがあれば担当の薬剤師に相談すればよいのです。このように、ジェネリック薬品に変えてもらうだけで積み重なるうつの治療における費用を少しでも削減することができます。

海外の通販

抗うつ剤は市販では販売されていません。処方してもらうことが一般的です。しかし、海外では抗うつ剤が販売されている通販サイトがあります。実は日本でも海外サイトを利用すれば処方してもらわなくても抗うつ剤が手に入るようになっています。そのため、診察をいちいち受けなくても抗うつ剤が手に入るという意味では人気が集まりつつあります。しかし、抗うつ剤を海外の通販サイトで購入する際、一度は医師の診断を受けた方がいいことが言えます。というのも、効果のある抗うつ剤を選択することは医師でもなかなか難しいです。いくら口コミがあるとはいえ、素人判断では効果的な薬を選択することは尚更難しいと言えます。したがって、一番よい方法としては処方薬で飲みなれた薬を通販サイトで購入することが挙げられます。ただし、飲みなれた薬とはいえ、服薬を続けている中で少しでも異変を感じたのであればすぐに服薬をやめ、医療機関にかかる必要があります。通販サイトは便利ではありますが、使い方を間違えれば状態を悪化させる危険性もあるのも忘れてはいけません。